jump to navigation

( `ハ´)逃げるアル 2011/03/31

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
4 comments

福島原発の事故は日本に住む外国人にとってかなりの恐怖だったようです。
中国人の子が突然、パニックに陥って上司と大喧嘩したあげく職場放棄。翌日にはさっさと帰国してしまいました。
原発から200km以上離れていて人体にもまだ影響がない程度の数値だというのに・・・

今週になって渋々戻ってはきたものの、今度は周囲の冷ややかな反応に青ざめています。
日本人の集団意識は原発より怖いってか?

でもこれってよく考えたら当たり前のことですよね。
日本人の原発に対する反応はまだまだ鈍いと思う。

便利さと危険は隣り合わせ 2011/03/27

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
4 comments

震災の2週間前、私は用事があって銚子方面へ出かけていました。
その帰り道、たまたま夕食を摂ったのが今回、津波の被害が大きかった旭市でした。
そのとき感じたのは海岸があまりにも近いということ。
ここなら絶対安全という場所はないと思うけど、それでもやっぱり海の近くに住むのは怖いです。

なんでこれが? 2011/03/25

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
2 comments

今日から社内にあるスタンドの給油制限が解除された。
さっそく給油に行くと、無人のスタンドに見慣れぬスタンドマンが・・・
次々に給油しに来る社員を見て帰るに帰れなくなったのでしょうかね。
調子に乗って「満タンにお願いします」って言ったら「はいよ!」と快く溢れるまで入れてくれた。
燃料計を気にしないで運転するのは実に爽快♪

ところが一難さってまた一難。
最近は変なものが品不足になっているという噂を耳にした。
それは「コカコーラ」
水なら分かるけどなんでコカコーラ?
今日、販売元から関東中のコカコーラを集めて東北に届けて欲しいという依頼があったそうだ。
東北の人はコカコーラが好きなのかな?
それとも放射能を中和する効果でもあるのかな?(そんなわけないか)
理由を知っている人がいたら教えて下さい。(;¬_¬)?

私にできること 2011/03/23

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
add a comment

今、日本中が悲しみに包まれている。
明るい話題も「自粛」という言葉にかき消されてしまった。
身近なところでは計画停電とか節電が心に重くのしかかっている。
福島の営業所の人たちは一瞬で家も仕事も家族も失ってしまった。
なのに東電も厚生労働省も未だにまともな救済案を出せずにいる。
もうじき国民のストレスはピークに達するだろう。

こういうときは中途半端に頑張らないでとことん落ち込むというのが私流だ。
震災前に鎌倉のお花見ツアー申し込んでいたけどキャンセルしてそのお金を義援金に足すことにした。
お花見なんていつでも行けるもんね。
しばらくは外出も控えます。
停電中は早寝早起きします。
お米も宮城県産のこしひかりを買います。

「欲しがりません勝つまでは」の精神は今でも健在なのだ。

やめとけばよかった 2011/03/19

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
2 comments

せっかくの3連休もガソリンがなければ身動きが取れない。
電車やバスも震災の影響で運休している。
こうなったら「あれ」しかない。
もう3年ぐらい使っていない「あれ」
きれいに洗ってタイヤに空気をいれてみたらなんとか使えそうだったのでためしに会社まで行ってみた。
サイクリングロードから国道を見下ろすと、いつ開くかも分からないスタンドの前で車の渋滞が起きていた。
皆さん、お気の毒さまです。
渋滞を気にしないで走れるのは気持良いねぇ。
お天気の良い日はこれで通勤しようかな~♪

・・・が、半分ぐらい走ったころから考えが変わった。
お尻が痛いよ~
しかも見た目では平らだった道が実は緩やかな上り坂と判明。
ぜぇーぜぇ、はーはぁ。(*´Д`*)
やっぱり電動アシストでないと無理です。

なんか地震のおかげでムダなエネルギーを使ってる気がしないでもない今日この頃。

突然のお別れ 2011/03/15

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
add a comment

テレビや新聞は津波や福島原発の被害ばかり報道しているけど、地震による被害は広範囲に及んでいる。
その大きゆえにスタッフが足らないのかもしれない。
こうなったら現場に行って自分の目で確かめるほうが早い。
地震から2日目には社員がありったけの水やカップラーメンを積んで東北に向かった。
案の定、被災地では家屋はもちろんのこと、ライフラインもズタズタになっていたそうだ。
自社や取引先も操業再開のメドが立たないくらい建物が壊れていて従業員は無期限の自宅待機を言い渡されていた。
仕事がなくなれば収入もその日から途絶える。
災害による休業の場合、企業も賃金の保証をしなくてもいいのだ。
それならば解雇して失業保険を受け取れるようにしたほうがマシなんだって。

生きる力 2011/03/14

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
add a comment

今回の震災で私には「生きる力」がないことがよく分かった。
震災後、お店からあっという間にガソリン、お米、納豆などが次々と姿を消した。
なのに私が気がついたのは震災から4日も経ってからです。

コンビニにはまだお弁当が少しだけ残っていたけどスーパーはすでに商品棚がガラガラ。
ガソリンスタンドも日曜日にはカラッポになっていたとのこと。
自分の車の燃料計を見ると残りはあと20リットルぐらい。
これでは通勤だけでも一週間ぐらいしかもちそうにありません。
ところが他の人たちは地震後すぐに満タンにしたとのこと。
あ~電車もバスもないのにどうしましょう。

東日本大震災1日目 2011/03/11

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
add a comment

平成23年3月11日午後2時46分。
突然停電したかと思うとこれまで経験したことがないほど大きくて長い揺れが何度も何度も続いた。
(なぜか携帯の緊急地震速報は鳴らず)
情報は携帯が繋がらないのでラジオとワンセグから集める。
うっそぉ~震度7って!!!
震源地は宮城県沖で津波警報が出ているらしいよ。
(この時点ではまだ何が起きているのか理解できていない)

4時頃、音信不通だった福島の事業所から1通のメールが入る。
倉庫が全壊したとのこと。
もっと情報を入手したかったので早めに帰宅することにした。

帰り道の信号は停電で真っ暗だったけどお巡りさんの手信号で比較的スムーズに流れていた。
裏の家も煌々と電気が点いていた。(よかった♪)

あれっ・・・電気が点かない・・・
そんな殺生な~!!!

【豆知識】
東電さんによると突発的に電力供給量を超えた場合、電源が一旦全部落ちるようになってるらしい。
でもって次に電気を流す際には地域を選べないらしい。
これであの奇妙な計画停電のスケジュールもなんとなく理解できた。

さあ困った、携帯はとっくに電池が切れているし・・・
そこで思いついたのがポータブルナビのゴリラ君。
常に充電されているから外しても4時間ぐらいワンセグが使えそう。ヾ(=´∇`=)

でもゴリラ君のワンセグは電波が弱いのか2階のベランダでしか映らなかった。
しかたなくコートを着たままベランダで刻々と伝わってくる被害情報に見入る。
なんてこった。
これは現実ではない、私は悪い夢を見ているんだ。o(;△;)o

EV車の初乗りレポート(日産リーフ) 2011/02/25

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
6 comments

日産リーフ

 

うちの会社、新しいもの好きの県民性が災いしていきなり8台もご購入です。
でも誰も乗りたがらないのはナゼだぁ?
ただ飾っておくだけではもったいないですよね。
ということで、まずはこの私がお隣の市まで往復40kmぐらいの距離を試運転してみました。

操作はいたってシンプル。
スイッチを押すと軽やかな起動音が鳴ります。
シ~ン・・・・
あっそうか。これってエンジンがないんだっけ。
あとはドライブに入れてアクセルを踏むだけ。

初乗りの感想はやはり3ナンバーだけあってかなり車体が大きいです。
静かで加速も良いけど燃料が気になって気分的にスピードが出せません。
(別の意味でエコな車)
高速充電できる専用スタンドが少ない(まったくない)。
フル充電で走行可能な距離があまりにも短い。
車というよりPCに近い。
(某電気屋さんでもEV車が売れるという意味がなんとなく分かりました)

こんな感じでまだまだお高い買い物ですが、乗り心地はいいのでもう少し走行距離が伸びて充電が簡単にできれるようになれば個人で購入してもいいかなと思いました。
これからが楽しみな車ですね。

初雪 2011/01/16

Posted by @u-ra in 日常の出来事.
8 comments

さっき外を見たら風花がパラパラと舞ってました。
でもスタッドレスを履いてるから、これくらいならぜんぜん問題ないですけどね♪

えっ!雪が降らない所に住んでいて何ゆえにスタッドレスを履いてるのかって?
地理上、トンネルを抜けると雪国になるからやっぱり必要なんです。
しかも関越トンネルはその長さ故にチェーン規制されていて、この時期になるとトンネル入り口のちょっと手前にある下牧PAでチェーンを付け、トンネルの入り口にある谷川PAでチェーンを外し、そして長いトンネルを出るとまた土樽PAで雪ダルマになりながらチェーンを付けなければなりません。
それが嫌で雪無し県なのに50%ぐらいの人がスタッドレスを履いていると言っても過言ではないでしょう。
とはいえ除雪されていない高速道路はスリル満点です。(;^_^A

トンネルを抜けるとどのくらい景色が変わるか・・・

こうなります。

これはお正月に新潟県阿賀野市にある瓢湖へ白鳥を見に行ってきたときの写真だけど、日本海側も平野部は雪が少なく快適でしたよ。